WORKS

K.T-HOUSE

アトリエのある家

築32年の建物は、1階部は親世帯、2階部は子世帯の居住スペースで、玄関は共有しながら、リビングやキッチン・浴室など水回りは別の「一部共有型2世帯住宅」です。今回、1階部の親世帯は、使い辛くなっていたキッチンや浴室など水回りのリフォーム。2階部の子世帯は、夫婦ともに定年を迎え子供達も独立したことから、これからのライフスタイルに合った空間へとリノベーションすることに。
ここでは子世帯の空間を紹介します。主なプランは、3LDKの間取りをゆとりある2LDKへ。暮らしの中心となるリビングと日中使用頻度の少ない寝室は、快適さを考慮しそれぞれの配置を変更した。庭の樹々も楽しめるリビング横には、奥様の苔玉教室のアトリエを設け、間仕切り戸にてフレキシブルに変化できるようにしながら、ご夫婦それぞれの趣味や仲間達が集える、明るく開放的な空間へと生まれ変わりました。

After

Before

面積   築年数