WORKS

M.T-HOUSE

先を見据えたリフォームとリノベーションで快適二世帯住宅:親世帯

築31年鉄筋コンクリート造2階建てを、外階段を新たに設け上下階で住居を完全に分け、1階部は親世帯、2階部は子世帯へと変更した分離型二世帯住宅です。
こちらは、1階部の親世帯のスペース。主なプランは、間取り変更は無く、古くなったところ不便なところを見直し、システムキッチンの取替えやユニットバスの設置、トイレの段差の解消など、これからのライフスタイルを見据えたリフォームを行うことに。
まず、家族の集うリビングを中心に、ダイニングには収納カウンター付きテーブルを新たに作り付け、子や孫大人数が集まっても対応可能に。暗いイメージだった空間は、全体の基調色を白とし、壁・天井はクロス貼り、床は塩ビタイル張りに。和室や寝室もクロスで表情を変え、木部の塗装をダークブラウンにすることで、モダンで明るい空間とした。各部屋ともダウンライトや間接照明の効果で、より広がりのある上質な空間演出となった。

After

Before

面積 86.15㎡ 築年数 31年