WORKS

S.M-HOUSE

仲間と集い趣味を楽しむ家

 築30年のお住まい。建物の老朽化による全体のメンテナンスを機に、子ども達も独立しご夫婦も定年を迎えたことから、先を見据えて新たなライフスタイルに合ったリノベーションをすることに。
主なプランは、和室・リビング・ダイニング・キッチンが一体となった明るく広々とした空間にする事と、隣接する2室の子ども室をワンルームにし仲間が集い趣味を楽しむ多目的ルームにする事がポイントとなった。まず玄関ホールに、趣味で描いた絵画や収集した作品を飾る収納を兼ねたギャラリースペースを設け、ホールから右側に多目的スペース、左側にプライベート空間となるLDKを配置した。LDKはリビング横にあった和室と応接間を撤去し縦方向に広がりのある空間へ。利用が少なかった掃出し窓は、デザイン的な格子型はめ込み窓へ変更し、外とのつながりを感じさせながら明るさも確保。キッチンは対面型へ変更することで作業動線と収納を充実させた。また、和室は戸袋に収めた戸を閉めると完全な個室ともなる。それから寝室は、生活スタイルの変化により和室から洋室へと変更し、間接照明の優しい灯りでくつろぎの空間とした。多目的ルームは、造り付収納デスクや家具でスッキリさせ、新設したデッキテラスでより広がりのある集いの空間となった。また、ワンルームとしながらも戸を閉めることで2室となり、独立している子ども家族が来た時には個室として使用できるようにした。全体に基調色を白色とし、濃茶のフローリングと間接照明の演出でモダンで落着きのある空間が生まれた。

After

Before

面積   築年数