WORKS

M.F-HOUSE

築17年の中古二世帯住宅を一世帯の大空間へ

築17年の中古二世帯住宅を購入後に、一世帯の大空間へと全面リフォームしたお住まいです。
主なプランは、完全2世帯に分離されている空間を、新たに内階段を設け1世帯の住空間へと変更し、インテリアは、和風スタイルから清潔感のある白を基調色としたモダンスタイルへ。まず1階部は来客用の空間とし、和室は、床間の柱はそのまま利用し、木部をダークブラウンに塗り替え、畳もブラウン系カラーでフチ無しへ表替え。照明は天井飾りに合わせて角型のダウンライトを採用し、シックでモダンな和室とした。またLDKフロアーは、床をフローリングから塩ビタイルへ変更し、既存のシステムキッチンは撤去せずに空間に合わせて扉を白色に塗装。間接照明やシャンデリアのやわらかな灯りが、ゲストルームの優雅な空間を演出している。2階部は主居住とし、キッチンは扉を白に塗装しそのまま利用。ダイニングには収納カウンターを新たに作り付け作業効率をUPさせた。浴室や洗面室などの水回りは使い勝手や導線を考慮し移設。また、寝室には専用の水回りやテラスを新たに設けた。大幅な間取りの変更はなく、リフォームによって明るく開放的で、贅沢な空間へと生まれ変わりました。

After

Before

面積   築年数